[Stadia] Google Stadiaが11月からサービス開始、月額9.99ドル(ただし日本はのぞく)

ゲーム

表題のようにGoogleがゲーム配信プラットフォーム Stadia のサービス開始について
米国時間 6月6日にStadia Connectという YouTubeのライブ配信で発表を行った。

3月のGDC(Game Developper Conference)以来の公式アナウンスであり、北米最大のゲームのイベント「E3 2019」(米国時間6月11日〜12日」に先駆けての発表になる。


ちなみに3月の発表時は GoogleがGDCで発表したStadiaに迫る! あらたろうVRラボ #003 こんな感じでした。


今回、E3を目前にしていよいよ具体的に内容を発表したわけです。
サービスの開始は11月からで(日本を含まない)世界14カ国で料金は月額9.99ドル(これは4K、60fps、HDR、5.1chサラウンドをサポートする“Stadia Pro”コース)からそして2020年以降はタイトルごとに買い切りも提供されるようです。また2020年には無料で遊べるコースも用意されるようです(これは”Stadia Basic”コースと呼ばれ1080p、60fps、ステレオサウンド限定)同時に通信環境に関するネットワークの速度推奨値も発表しており、解像度が720pの場合は10Mbpsが推奨最小値で、4Kでは35Mbpsを推奨するとのこと。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 24.0px; font: 16.0px Meiryo; color: #333333; -webkit-text-stroke: #333333; background-color: #ffffff}
span.s1 {font-kerning: none}

今回が初のローンチですから多くのタイトルが用意されているようです。
「Dragonball XENOVERSE 2」「DOOM Eternal」「Wolfenstein: Youngblood」「Destiny 2」「Power Rangers: Battle For The Grid」「Baldur’s Gate 3」「Metro Exodus」「Thumper」「GRID」「SAMURAI SHODOWN」「Football Manager 2020」「Get Packed(Stadia独占)」「The Elder Scrolls Online」「The Crew 2」「The Division 2」「Assassin’s Creed Odyssey」「Ghost Recon Breakpoint」「Trials Rising」「NBA 2K」「Borderlands 3」「Farming Simulator 19」「Mortal Kombat 11」「Rage 2」「FINAL FANTASY XV」「Gylt(Stadia独占)」「Tomb Raider Trilogy」「Darksiders Genesis」「Just Dance 2020」など。

また最初の14カ国とは米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、デンマーク、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、スペイン、スウェーデンとなっているようです。(日本どころか、アジア圏が入っていませんね)
日本国内のメディアはこの”日本以外”ということに過剰な反応の示していますがGoogleは”日本でサービスを行わない”と言っていないのがポイントです。
おそらく上記の2020年くらいのタイミングに合わせて来るのではないでしょうか?
なお、StaidaではGoogleが提供するブラウザであるChromeが動作するHDTV(Cromecastをつけた場合)やデスクトップPC,ノートPCやタブレット及びスマートフォンをサポートするがスマホの場合はGoogleのPixel3及びPixel 3aのみのようです。
ゲーム機本体は不要ですが、ゲームコントローラーは販売するようでStadia用に調整されて遊べるStadiaコントローラ(単品69ドル)、テレビで遊ぶためのChromecast Ultra (4K HDR対応, 59ドル)3か月分のStadia Proサブスクリプション が2つ(1つは自分用でもう1つは友達などに贈る)、など各種の権利が含まれた Stadia Founder’s Edition 129ドル(これは300ドル分の価値があるものだそうです)これがすでにGoogleのサイトで予約販売が開始されています(当然日本からは買えません、リンク先にはスマホやGoogle Homeがあるだけです)

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 22.0px; font: 18.0px ‘Hiragino Sans’; color: #2b2d32; -webkit-text-stroke: #2b2d32; background-color: #ffffff}
span.s1 {font-kerning: none}
span.s2 {font: 18.0px ‘Helvetica Neue’; font-kerning: none}

本国などのサービス開始自体が11月と少し先とはいえ、かなり期待されるものになりそうですね。他社はどのように対抗してくるのでしょうか?


【あらたろうVRラボ@YouTube】https://bit.ly/2FFBXm8
【あらたろうTwitter】 https://twitter.com/arataro4
【あらたろうBlog】https://aratarovr.com/ Blog始めました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました